格安SIMでiPhoneのメールアドレスはどうなるの?そのまま使えないの?

格安SIMでiPhoneのメールアドレスはどうなるのか?

ドコモやau、ソフトバンクのメールは引き継ぎできないのか?

など、格安SIMのアドレス事情について紹介します。

格安SIMでiPhoneのメールアドレスはそのまま使えないの?

まずはキャリアメールが使えるのか使えないのかという疑問や、格安SIM用でアドレスがもらえるのか?などの疑問を解消していきましょう。

docomoやauのキャリアメールは引き継ぎできないの?

格安SIMに乗り換えをすると、今まで使用してきたキャリアメールが全く引き継ぎをすることが出来なくなります。

そんな中でもどうしてもメールを残したいという場合、残す方法には2つのパターンがあります。

1つ目は有料オプションを契約して保存し続けることです。これは各会社の最低限のプランを継続利用をして保存し続ける事は出来ますが、その分余分に料金が発生してしまう為かなりコスパが悪いです。

2つ目は、『サンダーバード』というソフトをPCにダウンロードし、そのソフト経由でキャリアメールを保存するやり方です。

ソフトに必要事項を入力すれば、今までのデータがサーバーから取得されるのでPC上でデータを閲覧することができます。

コストの面から見ても、後者の方が簡単かつ手間のかからない方法と言えるでしょう。

格安SIM用のメールアドレスが付いてくるの?

大手キャリアのメールアドレスであれば、「@ezweb.ne.jp」のように、固定されたドメインで前半の文字列は自分で決めるスタイルが基本です。

しかし格安SIMの場合は通信事業者が特定のドメインを持っていないことが多いので、格安SIM用のアドレスというものはついてきません。

自身で、通信事業者に関係なく使うことができるフリーメールを取得することが基本となってきます。

一見すると面倒に見えてしまうかもしれませんが、設定自体はとても簡単なものが多いので、アドレスさえ登録することができれば後のメール管理は非常に簡単になります。

スマートフォンからだけではなくお使いのPCからもログインして管理ができるので、非常に快適になります。

格安SIMのメールの料金はどうなるの?

格安SIMは特定のドメインを持っていないため、フリーメールの利用が主流となります。

その為、利用料金はかかりません。

フリーメールはもちろん無料で利用できる上に、次回、もし契約会社を乗り換えた際にも引き継ぎが容易に出来る利点もあります。

PC上でもメール内容が共有出来るため、仕事上でも引き継ぎがスムーズで便利です。

有名なメールサービス(Gmail)ではアプリ版も開発されており、設定を済ませればログインの手間等も省けメール確認が早くできますので、アプリの方が楽です。

格安SIMのiPhoneにおすすめのメールアドレスは?

上でも書いたようにフリーメールの利用がメインなのですが、その中でもGmailYahoo!メールアドレスなど、サイトが発行しているフリーアドレスがおすすめです。

大手のサイトが管理しているという安全性もさることながら、キャリアメールにはない「無料」という魅力もついてくるので、安心して仕事のやり取り等に使用していくことができます。

選ばなければフリーメールを取得できるサイトは多数ありますが、大手フリーメール以外だとデータが消失した際や、その他万が一のことが起こってしまった場合のことを考えると、サイト発行のものにしたほうが間違いないといえるでしょう。

登録も複雑な手間がないので簡単ですし、ほとんどのデバイスから閲覧ができるのでその点もメリットが大きいでしょう。

iPhoneのメールアドレスとicloudの関係

iPhoneで使用しているApple ID=登録されたメールアドレスです。必ずしもiCloudメールと同一のアドレスではありません。

ここでiCloudメールのアドレスを取得しておくと、MacWindowsなどデバイスを問わず様々なメディアでメールを閲覧出来るようになります。

iCloud上にデータを保管して置くことが出来るので、こちらのサービスを利用してもメールテキストを保管することができます。

今後のために格安SIMのiPhoneでも使えるフリーメールを持っておこう!

格安SIMではキャリアメールが使えないことがわかったので、フリーメールを使って運用していくことになりますね。

では、フリーメールにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

フリーメールのメリット

メリットは大きく分けて2点。フリーメールの通り、利用料が無料なことと、1個人で複数のアドレスを所持できるということです。

メインアドレスで連絡を取り合うだけでなく、ネット副業用や、キャンペーンの応募など細かくジャンル分けして持つことができ、管理が楽になります。

また、GoogleGmailなど、サイトが持っているフリーメールのアカウントではそのサイト上でウイルスをスキャンしてくれるので、使用者の手間が省けます。

わざわざソフトを購入してスキャンする必要がないので、便利です。

そして、取得が簡単なことに加え、1回限りで使い捨てることも可能なので、どうしてもメインのアドレスを使用したくない場合、捨てのアドレスとして利用することも一手です。

フリーメールのデメリット

フリーメールは、サイトの持つアドレスでないと、無料であるため保証が付かないこと、信用性が低いのが難点です。

突然サービスの提供が停止することもあるので、その場合は提供している企業側も責任を負うことができません。

どうしても大切な文章のデータは、コピーして保存するか、きちんと保証されているメインのアドレスでやり取りすることが重要です。

メールの本文に広告がついたり、やり取り以外で不要な広告が送られてきてしまうのも煩雑です。

フリーメールはこのポイントを押さえておけば使いやすい♪

○○用、などと管理できる程度の個数でジャンル分けをしておくと、いろいろな広告にまみれず必要なメールを管理できます。

また、あくまで保証のない無料のメールアドレスですので、万が一のことがあっても諦めがつくようなサービスでの利用に限るなど、「使い分ける」ということが非常に重要なポイントです。

どうしてもフリーメールでメインのやり取りをしたい、ということであれば、先ほどの「サイトが持っているメールアドレス」をメインに利用したほうがよいでしょう。

まとめ

格安SIMはキャリアメールが使えません。

一般的にはGmailYahoo!メールアドレスなどのフリーメールを使うことになります。

迷った時はGmailを選んでおけばベターですよ。